top of page
検索

予定調和とドキュメンタリーな映像制作

ストーリーの無いWEB動画流行り

シナリオが無い動画は、視聴離脱をされないうちに終わるのが常套手段です。つまり尺を短くすることで最後まで観てもらう、という策を講じます。それのどこが「策」なのだろうと思いますが。


シナリオに沿って映像を構成する

それには知識も経験も「頭」も必要です。つまり頭を使わなくても作ることができるのが(勿論、使っている人もいます)、ストーリーの要らないWEB動画です。だから、そうした動画制作案件は予算が5万とか30万円という値がついているわけです。


シナリオに沿って映像を撮る

それは「そこにあるものを撮る」のと違い、「そこにあるはずのもの」を予測する想像力、経験値、「そこにあるようにする」構想力、創作力が必要なため、撮影の準備に要する時間、労力、お金、撮影に要する機材、技術、スタッフが格段に高度になります。だから予算が100万とか1,000万になります。

シナリオは「予定調和」だと言うけれど

「ストーリー」の基本パターンは、世界中探しても何百通りもあるわけではなく、せいぜい数十通りではないでしょうか。そのどれをとっても、読者、視聴者は、その後の展開に予想がついてしまうことでしょう。でも、人間社会におけるストーリーとは、大方そういうものであり、人の営みとはそういうものです。


予定調和はつまらない?

そう思うのは大きな勘違いです。予定調和がきちんと描かれていないことで起こるのが「シラケル」ことです。昨今の「ストーリーあり映像」では、人間の営みをちゃんと洞察していない、ちゃんと演出していない作品ばかり。そうした映像ばかり見せられているから、多くのリアイリティ至上の若い世代が、「ストーリー」というもの自体を、作為(リアリティがない)ダサいコトと考えている、僕はそう思っています。


予定調和ストーリーは簡単には創れないものです。

だからこそ価値があるのではないですか?

一昨日、山田洋次監督原作のドラマを観ていて、そう思いました。

「予定調和」で見応えある映像を制作する

ドキュメンタリもやっぱり創作

ということはみんな思っていますよね。ところで、一般的にはまったく別の仕事と思われていると思いますが、テレビ番組で「報道」に属するドキュメンタリ番組をつくる仕事と、我々B2B映像制作業者が広告宣伝や広報としてドキュメンタリタッチな映像をつくる仕事は、本質においては同一と僕は思っています。どっちも、結局は作り手の主張を表現する仕事だから。

「事実だけを伝える映像」なんて存在しません。

ドキュメンタリは事実である。否

ドキュメンタリは事実を再構成して創作する、ひとつの「解釈」である。正


論理的に辻褄を合わせるとドキュメンタリができあがる

「事実」というのは事実であるけれども、それを捉える角度は無数にあり、角度によって意味が異なるものとなる。それをさらに恣意的に切り取り、並び替え、論理的に辻褄を合わせるとドキュメンタリができあがっちゃうのです。

ちょっと乱暴に書いたけれど、これは事実です。さらに事実の角度を別な角度に変え、切り取り所を替え、順番を入れ替えると、それもまた別の辻褄のあった解釈となり、あたかも真実のように人々に影響を与えるものとなります。


どうして小難しいのか

世間から見ると「斜に構えた、小難しいやつ」と思われることが多い、僕たち映像制作人間。それは、実写(事実としての撮影素材)を編集して映像作品を作り上げる仕事をする僕たちは、いつも「事実」の解釈を360°こねくり回しながら、その使い方の可能性を考えているから。頭の中はいつも思索の中。人の意見にも、ただちに逆の論理をぶつけたくなる習性。これは嫌われます、ほんと。素直じゃないって。

でもここだけの話、テレビや新聞でよく、映画監督がコメントや評論を求められ、その意見がありがたがられるのは、この性格のせいじゃないかと思います。


断定的なもの言いができる人

僕ら映像人間は逆に、物事を即座に断定する物言いをされると、「ほんとかあ?」と思ってしまうのです、これもここだけの話。僕らはものごとの多面性を利用して論理を組み立てて、人を説得するのが仕事だから。簡単に言えば「モノは言いよう」以外の何物でもないと思っている。

でややこしいことだけど、同じ広告の世界でも写真カメラマンやコピーライター、CMディレクターといった職の人には、物事を断定的に捉える人が向いていたりすんだよね。さて、共通することは何だと思いますか?

と、しり切れとんぼで終わる今日のブログであった。


ドキュメンタリもやっぱり創作


Comments


bottom of page